ノーベルガイドインプラントのご紹介

究極の安全を求めた最先端のインプラント治療システムで、体への負担を最小限にしました。

六本木の笠原歯科の最大の特徴でもある、ノーベル・バイオケア社製の「ノーベルガイド」のコンピューター制御によるインプラント治療は、これまで歯科医師の手先の技術や経験に頼ることが多かったインプラントを、さまざまな最新のシステムや設備を用いて、コンピューター制御と数値化して行っています。
インプラント治療を正確にサポートし、予知性・安全性を更に向上させる画期的なシステムです。
このシステムにより、誤差のない診断と、体への負担が少ない確実な治療が可能となりました。

ノーベルガイドシステムによるインプラント治療のメリットとは

1.正確なシュミレーションと診断の検証結果に基づいた精密なインプラント治療ができ、安心・安全を確保。

2.フラップレスと呼ばれる歯茎を切らないインプラント治療が可能です。この場合、体への負担は大幅に軽減します。

ノーベルガイドシステムの特徴

1.全体像を見ながら治療計画を実施
患者さまの解剖学的構造と補綴形態を組み合わせ、骨量と骨質、重要な解剖学的構造、そして補綴形態といった様々な要因に基づき、適したインプラントの埋入位置とアバットメントのタイプを決定していきます。

2.スキャンデータで細部まで確認
ボリュームレンダリング法を取り入れた解剖学的な3Dビューで患者さまへ、より詳細でわかりやすい説明をお見せすることができるようになりました。
また、3Dビューで骨モデルをリアルに再現し、歯根と残存歯をビジュアル化することが可能となりました。

3.より安全かつ迅速なインプラント治療計画をサポート
インプラントの歯式を入力し、埋入部位にX線断面図を表示させることができるため、歯根や神経に近すぎないか等の確認が正確に行えます。
万が一、近すぎるという判断の場合、アラート(警告)が表示されます。

インプラント症例

インプラント治療の流れ

インプラントについてのよくあるご質問


  リンク